日本企業におけるリーダー不足の原因とその影響とは?マネジャーとリーダーの違い!

HRM戦略

ビジネスの世界では、市場や技術の変化が速いため、会社を運営するのが以前よりも困難になっています。

このような環境の中で、企業の戦略や人事の計画を考えるのと同様に、リーダーシップが非常に重要になってきます。

リーダーとは、ただの上司や管理者ではなく、より大きな役割を果たす人物です。明確なビジョンや目標を持ち、これを組織やチームに示して、みんなを引っ張っていく存在です。

また、真のリーダーは、自分の利益や欲求を抑え、情熱を持って、道徳的で倫理的な行動をとることにより、正しい方向へと組織を導きます。

カバ社長
カバ社長

この記事では、日本企業におけるリーダー不足の原因とその影響とは?マネジャーとリーダーの違い!についてわかりやすく解説します。

日本企業におけるリーダー不足の原因とは?どのような影響がある?

日本の経済が長い成長期を終え、より成熟した段階に入ると、企業は収益を上げるのが以前よりも困難になりました。

同時に、国際市場での競争は厳しくなり、経済の変化が速く、予測が難しい状態です。このような不確実なビジネス環境では、企業を成功に導くためには強力なリーダーシップが必要です。

リーダーは、不確実性の中でも会社を明確な方向へと導くことができる人物です。

しかし、日本企業ではリーダーが不足しているという問題があります。これにはいくつかの理由が考えられます。

過去の高度経済成長期には、企業は自動的に成長し続けたため、環境を変えるタイプのリーダーを育成する必要があまり感じられませんでした。

また、効率的なマネジメントが強調され、管理職が企業を成長させる主力とみなされてきました。

日本の経営文化には、チームプレイと協調性を重視する傾向があり、その結果、個々のリーダーシップよりも集団の和を優先する傾向がありました。

さらに、教育システムもこの傾向を反映しており、個人の個性やリーダーシップの資質を伸ばすよりも、画一的な知識やスキルを教えることに重点が置かれてきました。

日本企業においてリーダー不在の原因をまとめると次の4点になります。

①日本の経済は長い間、順調に成長してきたので、新しい道を切り開くような人材をわざわざ育てる必要がなかった。
②優秀なマネジャーがいれば、企業を成功させることができたので、特別なリーダーを求めることは少なかった。
③日本ではチームで協力して仕事をする文化が強く、一人だけ目立つ人を好まない傾向があった。
④教育もみんな同じことを学ぶスタイルが一般的で、個々のリーダーシップや個性を伸ばすことにはあまり重点を置いていなかった。

カバ社長がわかりやすく解説

カバ社長
カバ社長

ケイコさん、日本の会社が直面している問題を知っていますか?経済が成熟して、競争が激しくなったので、未来を予測するのが難しくなっているんです。リーダーの存在が重要だよ。

新入社員
新入社員

はい、社長。でも、どうしてリーダーがそんなに重要なんですか?

カバ社長
カバ社長

昔は日本経済が伸びていたから、ただ管理すればよかったんです。でも今は、先を見通して、新しい方向を決められるリーダーが必要なんです。

新入社員
新入社員

なるほど、でもなぜリーダーが足りないんですか?

カバ社長
カバ社長

歴史的に、日本の会社ではみんなで協力するチームプレイを大事にして、個性的なリーダーを育てることが少なかったからです。そして、教育もみんな同じようにしてきたから、自分で新しいことを始めるリーダーが少ないんですよ。

新入社員
新入社員

そうなんですね。だから、私たちの会社も変わる必要があるんですね。

カバ社長
カバ社長

正解です、ケイコさん。これからは新しいアイデアや方向性を示せるリーダーを育てていく必要があるんです。

マネジャーとリーダーの違いとは?

マネジャーは主に組織の日常的な運営と管理に焦点を当て、効率性と安定性を重視します。また、プロセスやシステムを確立し、チームが目標を達成できるように計画し、指示します。

マネジャーは前例に基づき行動し、リスクを避ける傾向があります。また、問題が発生したときに解決策を見つけ、秩序を維持しようと努めます。

一方、リーダーは将来に目を向け、新しいアイデアや戦略を生み出し、組織が進むべき長期的な方向性を定義します。

リーダーはオリジナリティを重んじ、状況や課題に対して独自の見解を持ち、現状に満足せず改善や変革を追求することで組織を発展させようとします。また、リーダーは可能性を見て、チームや組織が未来にどう成長できるかを考えます。

マネジャーは「いつ、どのように」の質問に焦点を当て、タスクとプロセスの管理に長けています。リーダーは「何を、なぜ」の質問に答え、組織の目的と方向性を明確にします。

マネジャーは短期的な視点を持ち、即時の課題や目標に注力しますが、リーダーは長期的な見通しを持ち、未来のビジョンや目標に焦点を当てます。

組織において、マネジャーとリーダーの役割は相互補完的です。マネジャーは組織の安定性と効率性を保つために重要であり、リーダーは組織の成長と変革を推進するために必要です。どちらも組織が成功するためには欠かせない存在であり、それぞれのバランスが組織の全体的な成果と進歩に大きく影響します。

カバ社長がわかりやすく解説

カバ社長
カバ社長

ケイコさん、マネジャーとリーダーの違いって重要ですよ。マネジャーは、ほら、会社をスムーズに動かす人。計画を立てて、問題を解決するんです。

新入社員
新入社員

はい、社長。では、リーダーって何をする人なんですか?

カバ社長
カバ社長

リーダーはね、会社の未来を考える人。新しいアイデアを出して、会社を成長させたり、変えたりするんです。

新入社員
新入社員

なるほど、マネジャーは今の仕事に集中して、リーダーは将来のことを考えるんですね。

カバ社長
カバ社長

そうそう、マネジャーは「どうやって」の部分を考えて、リーダーは「何を、なぜ」を考えるんです。マネジャーが安定を保ちつつ、リーダーは新しいチャンスを探します。

新入社員
新入社員

それで、会社がうまく回るんですね!

カバ社長
カバ社長

正解!マネジャーもリーダーも、会社を良くするためには必要なんですよ。

タイトルとURLをコピーしました