HRM戦略と組織構築!企業効率化と成果最大化のための考え方とは?

HRM戦略

企業の成功は、効果的な人材管理と戦略的な組織構築に大きく関係します。

本記事では、ヒューマン・リソース・マネジメント(HRM)戦略と組織構築の基本的な考え方と、企業が業績を最大化するための基本的な手法をご紹介します。

カバ社長
カバ社長

日本航空の経営危機からの回復を例として振り返りながら、人材の適切な活用と組織構造の適応が如何にして企業の成果に影響を与えるか、そしてHRM戦略と組織戦略がどのように連携し、持続可能な成長を促進するかを僕と一緒に考えていきましょう!

HRM戦略で成果を最大にする3つのポイント

経営で「人」の活用はとても大切です。

うまく活用すれば会社の成果は大きく伸びることがあります。

「企業は人なり」ということわざもありますね。これは、社員をうまく使えば、予想以上の良い成果を得られるという意味です。

ただし、これには人事管理(HRM)が重要です。

例えば、日本航空はリーマンショックで困難に直面しましたが、社員の意識が低かったために経営が悪化しました。

しかし、京セラの創業者である稲盛和夫氏が経営を立て直し、社員の意識を改善したことで、会社は大きく回復し、過去最高の利益を上げました。

この事例は、HRM戦略を上手に行えば、会社の成績を劇的に改善できることを示しています。HRM戦略とは、社員という「人的資源」を会社という「箱」に入れ、良い成績を出すプロセスのことです。

HRM戦略では、組織戦略、人事戦略、リーダーシップを使って、会社を効率よく運営し、社員のモチベーションを高めて、成果を最大にすることを目指します。

具体的には、次の3つのポイントがあります。

①組織戦略:会社が目指す方向を定め、それに合わせて組織を整える。
②人事戦略:適切な人材を選び、育成し、配置する。
③リーダーシップ:経営陣が先導して、社員を動機づけ、目標達成を導く。

このように、HRM戦略を通じて、社員をうまく活用し、会社の成果を最大化することが目指されます。

カバ社長がわかりやすく解説

カバ社長
カバ社長

ケイコさん、経営で「人」の活用がどれだけ大事か知ってる?『企業は人なり』って言葉があるけど、これは社員を上手く使えば会社の成果がぐんと上がるって意味なんだよ。

新入社員
新入社員

なるほど、でもどうやって上手く使うんですか?

カバ社長
カバ社長

それには人事管理、つまりHRM戦略がカギを握るんだ。例えば、日本航空は社員の意識を改善して大きく回復したんだよ。これがHRM戦略の力だね。

新入社員
新入社員

HRM戦略って具体的には何をするんですか?

カバ社長
カバ社長

大きく3つあるよ。一つ目は組織戦略、会社が目指す方向に合わせて組織を整えること。二つ目は人事戦略、つまり適切な人を選んで育て、適切な場所に置くことだね。最後にリーダーシップ、経営陣が先頭に立って社員を引っ張り、目標達成へ導くことだよ。

新入社員
新入社員

なるほど、社員をうまく活用して会社の成果を上げるわけですね!

カバ社長
カバ社長

正解!HRM戦略をうまく回せば、社員も会社も元気になるんだ。

経営戦略のステップとプロセス

組織戦略では、会社が目指すべき方向に合わせて、最も効率的に働けるような組織の形を作ります。これは以下のステップで行われます。

①役割の決定

どの部門が何をするかを決めます。

②人員の配置

必要な人材をどこに割り当てるかを考えます。

③権限の付与

誰がどの程度の決定権を持つかを定めます。

④指揮系統の設定

誰が誰に指示を出すのかの順序を決めます。

大企業では多数の従業員と部門があるため、これらを効率よく動かすために、各々の役割や関係性をはっきりさせることが大切です。

しかし、組織戦略は一度決めたら終わりではなく、会社の状況や全体の戦略に合わせて変えていく必要があります。

組織は戦略に従う」という考え方に基づき、戦略に合わせて組織を調整し、最高の成果を目指します。

組織戦略を進めるステップは次のようになります。

①組織の目的をはっきりさせる
②組織の構造を設計する
③必要に応じて組織の構造を変更する

カバ社長がわかりやすく解説

カバ社長
カバ社長

ケイコさん、組織戦略について簡単に説明するね。要するに、会社の状況に合わせて、チームや部署をどう組むかを考えることだよ。

新入社員
新入社員

具体的にはどんなことをするんですか?

カバ社長
カバ社長

まず、①各部署の役割を決めて、②必要な人をどこに配置するかを考えるんだ。それから、③誰にどんな決定権を与えるか、④誰が誰に指示を出すのかの流れも決めるんだ。

新入社員
新入社員

それは大企業だと複雑そうですね。

カバ社長
カバ社長

そうだね。でも、それぞれの役割や関係性を明確にすることで、会社全体をスムーズに動かせるんだ。ただ、決めたら終わりじゃない。市場や経営戦略に合わせて、組織も変えていく必要があるんだよ。

新入社員
新入社員

なるほど、戦略に組織を合わせていくんですね。

カバ社長
カバ社長

その通り!組織戦略は、目的をはっきりさせた上で、構造をデザインし、必要に応じて変更していくんだ。これがうまくできれば、会社の成果も大きくなるよ。

良い組織をつくる2つのやり方

組織を作る目的は、仕事を効率よくすることです。これを実現するには、基本的に2つのやり方があります。

①同じ種類の仕事をまとめる

例えば、営業部門、人事部門、マーケティング部門、経理部門のように、似たような仕事をしている人たちを一つのグループにすることで、効率を上げることができます。

②同じ事業をまとめる

一つの事業だけならシンプルですが、複数の異なる事業を持つ大企業では、各事業ごとに組織を作ることで、効率を良くすることができます。

例えば、ソニーがエレクトロニクス、ゲーム、エンターテイメント、メディカルといった異なる事業をしている場合、これらを別々に管理することで、より早く正確な決定ができるようになります。

カバ社長がわかりやすく解説

カバ社長
カバ社長

ケイコさん、組織を作る目的について話そう。大切なのは業務の効率を上げることだよ。

新入社員
新入社員

どうやって効率を上げるんですか?

カバ社長
カバ社長

まず、一つの方法は同じ種類の仕事を一緒にすることだね。例えば、営業部門や人事部門みたいに、似た仕事を集めて効率を良くするんだ。

新入社員
新入社員

もう一つの方法は何ですか?

カバ社長
カバ社長

それは、事業ごとにグループを作ることだよ。たとえばソニーは色々な事業をしているから、エレクトロニクスやゲーム、エンターテイメントごとに組織を分けるんだ。そうすることで、それぞれの事業がスムーズに決定を下せるようになるんだよ。

新入社員
新入社員

なるほど、事業ごとに組織を分けると、より効率的に動かせるんですね!

カバ社長
カバ社長

正解!効率的な組織を作ることで、会社全体がスムーズに動くようになるんだ。

まとめ

HRM戦略の重要ポイント 組織戦略の重要ポイント
1. 組織戦略: 会社の目標に合わせて組織を整える 役割の決定: 各部門の役割を明確にする
2. 人事戦略: 適切な人材を選び、育成し、配置する 人員の配置: 必要な人材を適切な位置に配置する
3. リーダーシップ: 社員を動機づけ、目標達成を導く 権限の付与: 決定権を適切に分配する
指揮系統の設定: 誰が誰に指示を出すかの順序を決める
組織の柔軟性: 市場や戦略の変化に応じて組織を調整する
タイトルとURLをコピーしました