企業が新しいプロジェクトを評価するときの3つの方法とは?(NPV法・IRR法・ペイバック法)

ビジネス

企業が進めるプロジェクト選択には、DCF法(割引キャッシュフロー法)、永久年金方式、成長永久年金方式などを使い、プロジェクトのキャッシュフローの現在価値を計算します。

これにより、条件を統一して、プロジェクトを比較し、実施するか、どのプロジェクトを優先するかを決めることができます。

ファイナンス戦略では、プロジェクトを選ぶために次のような方法が用いられます。

  1. 現在価値(NPV法)に基づいて評価する。
  2. 収益性(IRR法)を基準に判断する。
  3. 投資回収期間(ペイバック法)で評価する。
カバ社長
カバ社長

今回の記事では、企業が新しいプロジェクトを評価するときの3つの方法についてわかりやすく解説するよ。

現在価値法(NPV法)とは

現在価値法(NPV法)は、プロジェクトの財務的価値を評価するために広く用いられる手法です。

この方法では、プロジェクトによって将来生み出される予想キャッシュフローを現在の価値に割り引いて合計し、その後でプロジェクトの初期投資額を差し引きます。

ここで重要なのは、将来のキャッシュフローを現在価値に換算するために適用される割引率です。

この割引率は通常、投資のリスク度合いや資金の機会費用を反映しており、企業の資本コストや市場の平均リターン率が用いられることが多いです。

たとえば、1000億円の初期投資で開始されるプロジェクトがあるとしましょう。

このプロジェクトが1年目に300億円、2年目に500億円、3年目に700億円のキャッシュフローを生み出すと予想される場合、各年のキャッシュフローを現在価値に割り引くために5%の割引率を使用します。

割引率を適用することで、将来のキャッシュフローが今日の価値でどれだけの価値があるかを計算することができます。

この計算により得られる正味現在価値(NPV)は、プロジェクトが企業にとって財務的に利益をもたらすかどうかを判断する基準となります。

NPVが正の値を示せば、プロジェクトは初期投資額を上回る価値を生み出し、その実施は企業価値を高めると考えられます。

逆に、NPVが負の場合は、プロジェクトが投資に見合うだけの価値を生み出さないことを意味し、そのようなプロジェクトは避けるべきです。

NPV法はプロジェクトの将来的な収益性と投資額を考慮した上で、その財務的な実現可能性を評価するための合理的な手段となります。プロジェクトが企業の資本コストを上回るリターンを生み出すかどうかを明確に示し、投資判断における重要な指標となるのです。

カバ社長がわかりやすく解説

カバ社長
カバ社長

ケイコさん、NPV法って知ってる? 簡単に言うと、投資したお金がどれだけ価値あるかを見る方法なんだよ。

新入社員
新入社員

なるほど、でもどうやって計算するんですか?

カバ社長
カバ社長

例えば、1000億円を投資して、未来でお金を稼ぐプロジェクトがあるとしよう。1年目に300億、2年目に500億、3年目に700億稼げると予想されるとするよ。

新入社員
新入社員

それで、そのお金の価値を今の価値で考えるんですよね?

カバ社長
カバ社長

正解! 5%の利回りで考えると、1年目の300億は今の価値で約286億、2年目の500億は約454億、3年目の700億は約605億になるんだ。

新入社員
新入社員

じゃあ、その合計から投資額を引けばいいんですね?

カバ社長
カバ社長

その通り! 286億+454億+605億から1000億を引くと、約344億円の正味価値が出るよ。つまり、このプロジェクトはプラスの価値を生み出すから、やる価値があるってことだね。

新入社員
新入社員

わかりました! プラスになるから、このプロジェクトは進めるべきってことですね。

カバ社長
カバ社長

そのとおり、ケイコさん、よく理解できてるね!

内部収益率法(IRR法)とは

内部収益率法(IRR法)は、投資プロジェクトを評価する際に用いられる手法で、プロジェクトの正味現在価値(NPV)がゼロとなる割引率を内部収益率(IRR)と呼びます。

この手法の目的は、プロジェクトによって生み出される予想されるキャッシュフローが、初期投資額を時間の経過と共にどのように回収し、その上で利益を生み出すかを評価することにあります。

IRRを計算するときは、プロジェクトから期待される一連のキャッシュフローが、初期投資額と等価になるような割引率を見つけ出します。

この割引率がプロジェクトの内部収益率となり、投資の平均的な年間収益率を表します。

プロジェクトのIRRが企業が設定するハードルレート、すなわち最低限期待されるリターン率を上回る場合、そのプロジェクトは財務的に実行可能と見なされます。

ハードルレートは通常、企業の資本コストや市場の平均リターン率、または投資のリスク度合いに基づいて設定されます。

プロジェクトのIRRがこのハードルレートを超えると、投資がそのリスクを正当化し、さらに追加の価値を企業にもたらすことが期待されるため、プロジェクトは承認されるべきと考えられます。

IRR法は、プロジェクトのリターンを一つの割引率として表現するため、異なる期間や規模のプロジェクトを比較する際に有効なツールとなります。

しかし、IRRが非常に高いプロジェクトでも、それが小規模であれば絶対的な金額でのリターンは限定的かもしれません。

そのため、IRRを単独で使用するのではなく、NPVや他の財務指標と併用してプロジェクトを評価することが重要です。

IRR法はプロジェクトが投資に見合う利益をもたらすかどうかを判断するための有効な手段であり、プロジェクトの財務的魅力を一つの指標で示すことができます。しかし、その評価はハードルレートの設定やキャッシュフローの推計に大きく依存するため、慎重な分析と補足的な財務評価が必要となります。

カバ社長がわかりやすく解説

カバ社長
カバ社長

ケイコさん、IRR法っていうのがあってね、これは投資の利回りを見る方法だよ。ハードルレートっていう基準と比べて、どれだけお得かを計算するんだ。

新入社員
新入社員

ハードルレートって何ですか?

カバ社長
カバ社長

それはね、この投資と同じリスクを持つ他の投資で期待できる利回りのこと。例えば5%としよう。私たちのプロジェクトの利回りがそれより高ければ、投資する価値があるってことだよ。

新入社員
新入社員

なるほど、それでどうやってIRRを計算するんですか?

カバ社長
カバ社長

例えば1000億円投資して、1年目に300億、2年目に500億、3年目に700億円を得るプロジェクトがあるとするよ。このプロジェクトのIRRを計算すると、約20.13%になるんだ。

新入社員
新入社員

それが5%のハードルレートを超えているってことですよね?

カバ社長
カバ社長

そう、その通り! だからこのプロジェクトはとても魅力的で、投資する価値があると判断できるんだ。

新入社員
新入社員

でも、これだけで全部決めちゃっていいんですか?

カバ社長
カバ社長

いい質問だね。IRRだけ見てると、大きい投資と小さい投資を同じように扱ってしまう危険がある。例えば、大きな投資で10%のリターンがあれば、それは小さな投資で20%のリターンよりも実際の利益が大きいかもしれない。だから、大きなプロジェクトかどうかも考えて、NPV法も一緒に使って全体を見ないとね。

新入社員
新入社員

なるほど、プロジェクトの大きさとリターンの割合の両方を見て、バランスよく判断する必要があるんですね!

カバ社長
カバ社長

正解! 両方の方法を上手く使って、賢く投資判断をしよう。

ペイバック法とは

ペイバック法は、投資の初期費用がどれくらいの速さで回収できるかを見るための方法です。

投資が短期間で回収できれば、その投資は比較的リスクが低いとみなされます。

これは、資金が早く戻ってくることで、そのお金を別の機会に再投資することができるからです。

また、経済状況や市場環境の変化によるリスクが少ないとも考えられます。

この手法では、プロジェクトから得られるキャッシュフローを時間の経過とともに累積し、その累積額が初期投資額に等しくなる時点を求めます。

この時点がペイバック期間です。

企業は通常、事前に目標ペイバック期間を設定しており、プロジェクトのペイバック期間がこの目標を下回る場合、プロジェクトは投資に値すると考えられます。

ペイバック法はそのシンプルさから理解しやすく、迅速な評価が可能ですが、その方法はいくつかの限界を持っています。

最も顕著なのは、ペイバック期間が終了した後のキャッシュフローを無視する点です。

つまり、長期的な収益性や投資の総利益は考慮されません。

また、キャッシュフローの時間価値を無視するため、より長い期間にわたって発生するキャッシュフローの実質的な価値を過小評価する可能性があります。

ペイバック法は他の財務評価手法、特にNPVやIRRと併用することで、よりバランスの取れた投資判断を行うことが推奨されます。ペイバック期間は投資の回収速度とリスクを評価するための有用なツールですが、総合的な投資の魅力を判断するためには、これだけに頼るべきではありません。

カバ社長がわかりやすく解説

カバ社長
カバ社長

ケイコさん、ペイバック法っていうのがあるんだ。これは投資が元を取るのにどれくらいかかるかを見る方法だよ。

新入社員
新入社員

へえ、それはどういうことですか?

カバ社長
カバ社長

簡単に言うと、投資したお金をどれくらいの期間で回収できるかを計算するの。例えば、1000億円投資して、1年目に300億、2年目に700億稼げるプロジェクトがあるとしよう。このプロジェクトは2年で投資額を回収できるんだ。

新入社員
新入社員

なるほど、それで?

カバ社長
カバ社長

もし私たちが2年半でお金を回収できると予想していたら、2年で回収できるこのプロジェクトはとても良い投資だと判断できるね。

新入社員
新入社員

でも、回収できればいいってものじゃないんですか?

カバ社長
カバ社長

実は、ペイバック法には注意が必要なんだ。なぜなら、この方法だと、回収後にどれだけ稼げるかを考えてないから。たとえば、このプロジェクトは3年目にも900億円稼ぐのに、それはペイバック計算には入らないんだよ。

新入社員
新入社員

ああ、そういうことなんですね。つまり、初期の回収にだけ焦点を当ててしまうと、長期的な利益を見逃す可能性があるわけですね。

カバ社長
カバ社長

正解! さらに、お金の時間価値を無視するから、実際の価値が歪むこともあるんだ。だから、ペイバック法は使い方を間違えないようにしないといけないね。

新入社員
新入社員

理解しました。長期的な視点も大切にして、全体をよく考えながら判断する必要があるんですね。

カバ社長
カバ社長

そのとおり、ケイコさん! 賢く考えて、良い投資判断をしようね。

タイトルとURLをコピーしました